2、計画をどこまで細かく書くか?

「お気楽ToDoリスト」に書く計画をどこまで細かく書けばいいのか、迷う場合があるかもしれません。
そんな時は次のやり方で対処してみてください。

<対処方法>
1、書くべきかどうか迷った項目をとりあえず書
    いてしまう。

2、一日を振り返った時に今後も書くべきかどう
     かを判断する。 いちいち書かなくても忘れず
     に行動できることは書かない。書いておかな
     いと忘れる可能性があることは書く。

 

予定を細かく書くということの具体例を挙げてみます。

11:00 〇〇で△△さんと会うと書いたとします。

これだけで問題ない人はこれでOKです。

でも、家を出る時刻を書いておかないと、出かける時に慌ててしまうという人は、家を出る時刻も書いておきましょう。
10:30 家を出る
11:00 〇〇で△△さんと会う

家を出る時刻だけでなく、準備にかかる時間も考慮しておきたいという人は、次のように書いておくといいでしょう。
10:15 出かける準備を始める
10:30 家を出る
11:00 〇〇で△△さんと会う

項目の詳細な情報が必要な場合は、別に用意しましょう。
例えば、「・スーパーへ買い物に行く」と書いたとします。
この場合、買い物リストを別の紙に書いて用意します。

「お気楽ToDoリスト」に買い物リストの内容まで書いてしまうと、情報が多すぎて見にくくなってしまいます。

できるだけ情報量を減らし、リストを見やすくすることが大切です。

ですが、「情報を1枚の紙にまとめてしまいたいんだ!」という人は、「お気楽ToDoリスト」に全ての内容を細かく書いてもOKですよ。